責任者が忘れてはならないこと

責任者が忘れてはならないこと

「“職場は人間関係が命

良い一面があったら

べらぼうに褒めてあげなさい

自然といい環境になるものだよ”」

今回は責任者として

どうあるべきか

学ばせていただいた

患者さんの一言です😊

褒めるという行動は

人と人とのぎこちなさを

和らげてくれる力がある。

人間は褒めたい気持ちがあっても

恥ずかしくて中々口にせず

自分の中で消化しがちです。

言葉にすることが大事です🙃

看護師の退室時にはいつも

「階段急だから気をつけてね」

必ず言葉をかけていただきます

実際に感謝の言葉を

伝え続けてる患者さんの言葉には

説得力があります😊

「他人を思いやることを

毎日心がけていれば

仮に何かうまくいかないことがあっても

しっかりやってくれるもんだよ」

今は素晴らしいスタッフが

勢揃いで

色々な物事が

自然と解決していく環境です

それが当たり前だと思わずに

もっともっと感謝の言葉を

伝えていこうと思いました🙃

»【投稿】看護師:前田大輔

コメント

タイトルとURLをコピーしました