【日本人の死因第1位】最も苦しい”癌”とは?~”癌”になると体内で何が起こるのか?~

40年以上日本人の死因第1位は”癌”

”癌(がん)”それは

1年間で約900万人以上もの

人々の命を奪う恐ろしい病気です。

この病気は

40年以上にわたって

日本人の死因の第1位に君臨し続け

男性では2人に1人

女性では3人に1人

がその一生で何らかの”癌”を経験します。

そして

この病気は皆さんにとっても

人ごとではありません。

今回は

Q1.癌になるとどうなるのか?

Q2.最も苦しい癌は〇〇癌!!

Q3.予防が可能な癌は?

といった内容で解説したいと思います(^^)/

Q1.癌になるとどうなるのか?

この動画の中で

解説されていますが

そもそも”癌”とは何なのでしょうか?

それは一言で

”遺伝子情報のコピーミス”になります。

どういうことかというと

私たち人間の身体は

およそ37兆個の細胞で

構成されており

今この瞬間も

細胞分裂を行っています。

そして

細胞の中の遺伝情報である

DNA

同じものがコピーされるのですが

その精度は完全ではないため

一定の確率で

DNA配列にエラー(誤り)が生じます。

このような

エラーのことを突然変異といい

特定の遺伝子に変異が生じると

細胞の性質が変化し

無制限に

細胞分裂するようになることがあります。

これが癌細胞であり

皆さんの正常な組織(内臓など)を破壊します。

そして

どんどん増殖を続けた

癌細胞はある臓器に住み着くと

その臓器から養分を奪っていき

(養分を奪うことを悪液質という)

更に成長を続け次の臓器へと転移します。

最後には全身の臓器に広がり

そのあらゆる内臓機能が低下して

命を落とす結果になるのです。

Q2.最も苦しい癌は○○癌!?

”癌”

激しい痛みや

苦しみを伴うといった

イメージが強い病気ですが

では、様々な”癌”の中でも

最も痛みや苦しみが

強い”癌”は何癌なのでしょうか?

それは

膵臓癌と言われています。

その理由としては

膵臓の近くには

腹腔神経叢と呼ばれる

神経の束が分布しており

悪性腫瘍の塊が

これを圧迫するために

膵臓癌は激しい痛みを伴うのです。

Q3.予防が可能な癌は?

このように

”癌”は人類を苦しめる

恐ろしい病気ではあるのですが

その原因の約20%

ウイルスや病原菌であるケースもあり

ウイルスや病原菌対策で

予防できる場合があります。

例えば

子宮頸がんはその約95%

ヒトパピローマウイルスが原因であり

性交渉により感染します。

性交渉の経験がある女性の

50%~80%

このウイルスに

感染していると推定されており

非常に身近なウイルスなのです。

しかし

感染した女性全員が

子宮頸がんになるのではなく

一部の女性が感染から

数年~数十年

時を経て子宮頸がんになるのです。

その感染は

ワクチンにて予防でき

その予防効果は

90%とも言われています。

≫ 子宮頸がん予防ワクチン詳細

その他にも

予防できる”癌”として胃がんがあります。

この”癌”の主な原因は

ヘリコバクター・ピロリであり

日本人がかかっている胃がん

実に99%

ピロリ菌感染によるもの

であるとも言われています。

この病原菌は

抗生物質などで除菌が可能であるため

こちらも正しい知識と対処により

完全とは言わないまでも

大きくそのリスクを減らすことができます。

» ピロリ菌検査と除去治療の詳細

また”癌”

”遺伝子情報のコピーミス”と言いましたが

より細胞分裂(再生)を促すことで

そのコピーミスが発生しやすくなります。

予防の観点からは

ウイルスや病原菌以外にも

細胞分裂を過度にさせてしまう

つまり

身体を傷つけて

再生を促すようなことを

避けることが重要です。

例えば

☑喫煙(肺や血管のダメージ)

☑飲酒(肝臓、胃腸、血管のダメージ)

☑紫外線(皮膚へのダメージ)

☑便秘(腸へのダメージ)

☑ストレス(全身へのダメージ)

などこのように体を傷つけ

遺伝子のコピー

促して組織を沢山再生させる

行為を避ける

生活習慣というのも重要になります。

今回の記事で

『はっ!!』とご自身の生活習慣で

気づく部分があれば

是非、今すぐ改善して

”癌”にかからない

人生を歩めるようにしていきましょう。

一人でも多くの方が救われますように(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました