2021-10

患者さんの一言

本棚にはその人の個性がある

本棚にはその人の個性がある 本が大好きな 80代女性の お話しになります♪ この方の 本棚には 自己啓発本や 小説がズラリと並んでいます 「この本はどんな本なんですか?」 と尋ねると いつも話に花が咲きます。 本には付箋...
患者さんの一言

ポジティブな事に目を向ける

ポジティブな事に目を向ける お一人暮らしの患者さん のお話しです♪ コロナの影響もあり デイサービスを中止しており 日中はリハビリ以外では 1人で 過ごされていることが 多いそうです。 “あなたが来ない日は退屈なのよ” そ...
訪問看護の経営

訪問看護ステーションの立ち上げについて

訪問看護ステーションを立ち上げたい 医療従事者として何年か働くと 多くの人が一度は 頭に浮かぶのが “起業(独立)”ではないでしょうか? 医師であれば クリニックや診療所を 薬剤師であれば 調剤薬局を 立ち上げるイメージは湧...
スタッフ紹介

訪問看護をやる事になったきっかけ

訪問看護をやる事になったきっかけ ▲インタビュー動画 訪問看護ステーションnicoの 正看護師の 知念真海子さんです♪ 彼女は 数年間急性期の 病院で勤務後に 訪問看護のお仕事を することになりました。 経験年数からす...
患者さんの一言

相手を気づかう気持ち

ばね指になった時・・・ 今回は前田の体調を 気にかけてくださった 患者さんのお言葉です😊 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ数週間前から ゴルフの練習に 熱中しすぎて 左指の小指が 『ばね指』 という状態になりました。 ㅤㅤ...
患者さんの一言

いつだって始められる

いつだって始められる やりたいと思った時 その時がスタート地点なのよ! いつも訪問で 仲良くさせて頂いている 患者さんのお話しです♪ お話がとてもお好きで 娘様と3人でお話になります。 お話内容は 食べ物のことだったり 好き...
健康と病気のお話し

ペットボトルの蓋を開けるには“握力”はいくつ必要?

ペットボトルの蓋が開けられない人 訪問看護のお仕事をしていると ご自分で ペットボトルの蓋を 開けることができない 患者(利用者)さんが 多くいらっしゃいます。 そういった方の 大半は80歳をこえた ご高齢な方が多いです。 ...
患者さんの一言

子供ができた!?

子供ができた!? 元々部屋のベランダで 沢山の植物を育てている 患者さんのお話です♪ そんな患者さんと お話していると 「そういえば子供ができたのよ! 見てみて!」と。 急に 話の内容が変わったので 何のことか分からず&#x...
患者さんの一言

共通の知り合いがいた時の安心感

共通の知り合いがいた時の安心感 イレウス(腸閉塞)で 緊急入院となってしまった 患者さんのお話です♪ 搬送先は まさかの 僕(エミリオ)の奥さんが 働いている病院の病棟で ご本人も ビックリされていました。 夫婦にお世話に...
患者さんの一言

変化球はいらない

変化球はいらない 70代男性 難病で主に ベッド上での生活を 余儀なくされている 患者さんのお話です♪ 大学を卒業して 起業して 色んな ビジネスに挑戦して 失敗しての繰り返し。 たまに成功もしたと。 この方の 凄いところ...
患者さんの一言

理学療法士6年目で意識している事

理学療法士6年目で意識している事 訪問看護に 携わらせて頂いて 現在は"接遇"を 特に大事に 行わせてもらっています。 病院勤務をしていた時は あまり 気にしていなかった事 でしたが 訪問看護では 実際にお家に お邪魔させて...
笑顔企画

タイ直送の【ドリアンチップス】試食会(‘Д’)

フルーツの王様”ドリアン” フルーツの王様と 知られている “ドリアン”ですが 高級フルーツでありながら その“臭い”は 耐え難いものがあります。 そんなキツイ臭いの ”ドリアン”ですが 過去の記事でご紹介した タイ出身の患者...
患者さんの一言

今も登り続けてる

今も登り続けてる 最近は 登山のお話を 頻繁にされるようになった 70代男性のお話です😊 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ細身なため 昔から登山が 趣味だと話すと 仲間からびっくりされたようです。 確かに 私達からもそうは...
スタッフ紹介

訪問看護をやって良かったこと

看護師にインタビュー(エミリオ瑞樹) 訪問看護ステーションnicoの 正看護師 エミリオ瑞樹さんです♪ 彼は ICU(集中治療室)での 勤務経験があり 重症な患者さんを 多く診てきました。 とても"優しい"ので 患者さん...
患者さんの一言

自分の名前が大好きになる方法

自分の名前が大好きになる方法 昔は 自分の名前が嫌いだった という 80代女性の 患者さんのお話です♪ 「昔の人って ”子”がついてる人が 多かったでしょう。 それが羨ましくて しょうがなかったのよ。 でも今は 自分の名前が...
タイトルとURLをコピーしました