2022-04

患者さんの一言

人の気持ちを大切にする~地域全体が笑顔になれる方法~

人の気持ちを大切にする いつもご近所から 頂き物を沢山貰っている 80代男性の患者(利用者)さんと その奥様のお話になります♪ その日訪問すると 玄関に沢山のお野菜が 置いてありました🍅🍆&#...
患者さんの一言

感謝するべき人~それは自分を自由にさせてくれる人~

感謝するべき人 ご家族の仲がとても良い70代女性の患者(利用者)さんと娘さんのお話になります♪ その日訪問すると患者さんの横に近くに住んでらっしゃる娘さんが座られており楽しく会話されていました♪ 「いつも本当に仲が良いですね」...
健康と病気のお話し

理解できない話せない!失語症の検査と治療

ブルース・ウィルスさんを引退させた失語症 数々の名作に出演した 俳優のブルース・ウィルスですが 2021年に公開された主演映画である 『アウト・オブ・デス』が引退作となってしまいました。 ブルース・ウィルスの引退理由 そ...
患者さんの一言

最高のことわざ~終わり良ければすべて良し~

終わり良ければすべて良し "ことわざ"を調べるのが大好きな 90代女性の患者(利用者)さんのお話になります♪   その日訪問すると とても古い本を開いてらっしゃいました。 「それは何の本ですか?」 と、お尋ねすると『これは"こ...
患者さんの一言

物を大切にする~それは持たざるべき!?~

物を大切にするということ お部屋の整理にハマっている 70代男性の患者(利用者)さんの お話になります♪   いつも訪問すると いろんな物が整頓されており 「お部屋、いつも綺麗にされていますね♪」 と、思わずそうお伝えすると ...
書籍

介護からの解放宣言~遠距離介護で自滅しない選択 【書籍】~

終わりの見えない介護からの解放 両親が病気になり 入院した後に動けなくなり 施設への入所を進めるが 『絶対に自宅で生活したい』と強い希望があり そこからはじまる地獄のような介護生活。 両親を子供がみるのは当たり前 そういった...
勉強会

肺が潰れる無気肺を改善させる呼吸理学療法【勉強会その②】

肺が潰れる無気肺を治す考え方 出典:msdmanuals.com 無気肺は肺が潰れて 酸素を血管に取り込めなくなった状態を言います。 以前、6種類の無気肺について解説しましたが ▼6種類の無気肺 今回は その6種類...
患者さんの一言

自分の存在価値を認識する一つの方法

自分の存在価値 ストライキを決行した 80代女性の患者(利用者)さんの お話になります♪   その日訪問すると 『今日は絶不調よ‼︎』 と、少し強い口調で仰られたので 「どうされたんですか?」 と、お聞きすると『...
患者さんの一言

楽しみを増やすためのコツ~90代の方の希望~

ほんの小さな楽しみ 最近楽しみが少ないと 少しネガティブになっている 90代女性の患者(利用者)さんの お話になります♪   その日訪問すると 患者さんがカレンダーを 眺めてらっしゃいました🗓   「素敵なカレ...
書籍

認知症が進まない話し方があった【書籍】

もし、身近な人が認知症になったら 日本は少子高齢化社会の進行に伴い 年々、認知症を発症してしまう方が 増えてきています。 (» 参考記事)   以前、将来認知症になるかが分かる チェックリストご紹介しましたが ▼認知症のチェッ...
患者さんの一言

明日の自分へのメッセージ~それを〇〇〇に書く~

明日の自分へのメッセージ 時々物忘れをしてしまう 80代女性の患者(利用者)さんの お話になります♪   いつも訪問すると 『あら、今日はあなたが来る日だったわね』 と、私達が訪問する日の予定を 忘れてしまうことがあり ●お薬...
患者さんの一言

外へ続く光の道~外に出ることが患者さんの希望となる~

外へ続く光の道 お外へ行くことが大好きな 80代男性の患者(利用者)さんの お話になります♪   いつも訪問すると 座っているソファーから お外を眺めながら 『いい天気だね☀️』 そうニコッと 笑顔...
健康と病気のお話し

腰が疲れにくくなる【背もたれクッション】

腰を長持ちさせる 最近は、自宅で ●ブログ ●動画編集 ●ZOOM会議 副業やリモートワークなどを 行う方が増えたと思います。   しかし 長時間自宅でデスクワークを行っていると 腰痛を発症してしまう方もいらっしゃいます。  ...
勉強会

肺が潰れる無気肺って何?【勉強会その①】

誰でも起こりえる無気肺!? 出典:msdmanuals.com 無気肺とは ●痰が多い(タバコなど) ●肺炎 ●心不全 ●栄養状態が悪い(タンパク質の不足) などが原因で肺が潰れてしまい 本来の肺の機能を失って 酸素を血管に取り...
患者さんの一言

3時違いの"おやつ"~好きならその代償をはらうべき?~

3時違いの"おやつ" おやつを食べるのが大好きな 70代女性の患者(利用者)さんの お話になります♪   いつも、訪問に伺うと "おやつ"をもぐもぐ 「今日は何を食べてるんですか?」 と、お聞きすると 『今日はどら焼き食べてた...
タイトルとURLをコピーしました