手荒れを予防する【皮膚科医推奨】のハンドクリーム4選

手荒れは誰でも気づく

手はどんなお仕事をしていても

よく人の目に触れる部分です。

なので

手荒れがあると

●痛々しい

●不潔に見える

など印象のだけではなく

実際にヒリヒリと

傷んで生活に支障が出る場合もあります。

手荒れの原因は

〇慢性刺激性皮膚炎

〇アレルギー性皮膚炎

など病的な場合もあれば

過度な手洗い、温水で手洗いなど

皮脂の落とし過ぎで生じる場合もあります。

» 手荒れの原因参考HP

しかし

これらはしっかり管理さえすれば

十分に予防できる場合が多いです。

そこで今回は

皮膚科医がお勧めする手荒れ予防の

ハンドクリーム4選をご紹介します(^^)/

皮膚科医推奨ハンドクリーム4選

この動画の中で紹介されている

ハンドクリームは

①ワセリン

②尿素クリーム

③セラミド入りハンドクリーム

④ヘパリンクリーム

になります。

①➡④で④に近いほど手荒れがひどい方に

お勧めのハンドクリームになります。

ではここから

1つずつご紹介していきます。

①ワセリンHGチューブ100G

引用元:Amazon.co.jp

1つ目は

ワセリンHGチューブ100Gになります。

これは“あかぎれ”や痒み、痛み

などがない最初の予防として

使用することが勧められています。

created by Rinker
大洋製薬
¥942 (2022/12/08 21:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

②資生堂 尿素10%クリーム

引用元:Amazon.co.jp

2つ目は

資生堂 尿素10%クリームになります。

このハンドクリームは

尿素が角質を柔らかくしてくれるので

乾燥していて皮膚が厚くなってきている

という方にお勧めのようです。

しかし

傷があると尿素が悪影響を与える可能性があるので

傷がない方というのが前提になります。

③キュレル(セラミド入り)ハンドクリーム

引用元:Amazon.co.jp

3つ目は

キュレル(セラミド入り)ハンドクリーム

になります。

このハンドクリームに含まれる

セラミドは

皮膚のバリア機能をつかさどる成分なので

乾燥を防いでくれるます。

さらに

アラントインという成分も含まれるので

皮膚の炎症やあかぎれを

予防してくれる効果があります。

created by Rinker
キュレル
¥1,100 (2022/12/08 21:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

④ウルンラップ へパインクリーム

引用元:Amazon.co.jp

4つ目は

ウルンラップ へパインクリームになります。

このハンドクリームには

ヘパリン類似物質が含まれていて

血行促進作用があり乾燥には効果を発揮してくれます。

さらに

グリチルリチン酸ジカリウムが含まれており

抗炎症(炎症を抑える)作用があるので

乾燥+痒みがある方にお勧めになります。

と、ここまで4つのハンドクリームをご紹介しましたが

動画では5選になっていて最後に紹介されている

☑ヘパリン類似物質

☑ステロイド

は薬局で買って粘るよりも

④以上の症状(つまりあかぎれや出血、痛みなど)

になったら早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

やはり

治療となると病院で処方される

塗り薬などが明らかに効果が高いです。

あくまでハンドクリームは

手荒れを予防する!!

といった使い方をしましょう(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました